トラベラーズノート

【トラベラーズノート】その使い方とノートへの向き合い方

【トラベラーズノート】その使い方とノートへの向き合い方

トラベラーズカンパニーが発売するトラベラーズノート。

このトラベラーズノートにどこがそんな魅力があるのか・・・何故トラベラーズノートは素晴らしいのか・・・それは、自由度にあるのではないかと思います。

昨今、スマホなどのインターネットを利用したタブレットや、メモ機能を使用してノートではなくタブレットで日々の日記をつけたり、メモをしたり、スケジュールを入力する機会も増えています。

そこで何故アナログツールを使うのか、何故ノートに書き入れるのか・・・それが分からなくなりかけている現代です。

私はトラベラーズノートは上記写真のパスポートサイズと、レギュラーサイズを愛用しております。

上記パスポートサイズに関しては、電子マネーとダイアリーのマンスリーを入れた、常にポケットに入れて持ち歩く一冊と、ノートとダイアリーのウィークリーを入れた一冊を愛用しています。

ノートとダイアリーを入れているのは上記写真だとキャメルになります。

このキャメルはプライベート用で、仕事用のダイアリーはレギュラーサイズに入れております。

ノートを使用するうえで、スケジュール帳として使うのは、一番分かりやすい使い方ですね。

しかし、スケジュールを管理するだけなら、もちろんGoogleのサービスを利用するも良いし、他にもスケジュール帳はたくさん発売されています。

そこで何故トラベラーズノートを選んだのか・・・トラベラーズノートを選んだ理由を紹介したいと思います。

トラベラーズノートの一番の魅力は『自由度』

【トラベラーズノート】その使い方とノートへの向き合い方

冒頭でも紹介した通り、トラベラーズノートの魅力じゃ自由度にあります。

トラベラーズノートという革本体にノートを挟むのですが、ノートだけではなく、ジッパーケースやクラフトファイルなど、色々な収納グッズを挟むことができます。

私はスケジュール帳には色々な必要な書類などを挟みたくなったり、お守りを入れたりなどをするので、ポケットなどがついている方が便利なのです。

そしてトラベラーズノートは思い出となるシーツや、紙、何でもペタペタ貼れるというのも魅力です。

インターネットやアプリを利用したスケジュール管理では、単純にスケジュールを管理するだけであって、思い出までは収納できません。

思い出に残したい・・・素敵な出会いがあった・・・そんな時はその思い出をノートに記録しておきたいものです。

その記録を簡単に行えるのが、“貼る”という行為です。

スマホで撮った写真をプリントしてトラベラーズノートに貼る・・・そんな使い方も出来ますし、文言を書き込むのも良いですし、イラストにして残すのもまた一つの手です。

そういった使い方をしやすいのがトラベラーズノートです。

とくにレギュラーサイズはA5のスリムサイズなので、たくさんの思い出を書き込めるし、取っておくことができます。

トラベラーズノートレギュラーサイズのキモともいえるのが、このA5スリムサイズという点です。

A5スリムサイズはチケットサイズでもあります。

なので、航空券やコンサートチケットなどを挟むのにちょうどいいサイズですし、今のご時世、マスクを収納することも可能です。

A5サイズという、一見大きいサイズなのですが、スリムサイズなので片手で持ちやすいですし、持つ歩いてても変ではないですし、バッグに放り込んでおくにしても、何かとちょうどいいサイズ感なのです。

トラベラーズノートパスポートサイズは機動力がある

【トラベラーズノート】その使い方とノートへの向き合い方

トラベラーズノートのパスポートサイズには、レギュラーサイズにはない魅力があります。

サイズがその名の通り、パスポートと同じサイズなので、メモ帳として使いやすいですし、財布として使う人も多いです。

今のご時世、電子マネーも色々なところで使用できるようになってきましたので、トラベラーズノートのパスポートサイズに電子マネーを入れておくだけで、十分に活用できます。

そこに小さいペンと紙を入れておけばメモも出来ますし、ジッパーケースなどを利用すればちょっとした小物も入れておくことができます。

パスポートサイズは、いわば生活に密着するようなノートなのです。

トラベラーズノートはこのような自由度が高いアイテムなので、考え方ひとつ、アイディア一つで色々な使い方が出来るのが魅力です。

トラベラーズノートへの向き合い方

私はトラベラーズノートのレギュラーサイズに、ノートを一冊挟んで使用している物もあります。

ノートを一冊挟んで、そこに何を書くか・・・私はとくに設計するような仕事をしているわけでもなく、物作りをするような事もそんなにない。

何かを考えまくって仕事をするような事もないし、ミュージシャンのように作詞をしたり、芸人さんのように思いついたネタを書いたりするようなこともない。

そんな私がノートを一冊挟んで何に使うか・・・それは俗にいうブレインダンプという使い方をします。

【ブレインダンプとは】
頭の中のすべてを書き出す方法です。
モヤモヤを言語化するから、思考がはっきりする。

モヤモヤの対象と距離をおけるから、気持ちがスッキリする・・・といった効果が得られます。

私はこのサイトも含め、複数のサイトを運営しています。

何故、複数のサイトを運営しているのかというと、それはその時の気分で、その時に思いついた事をサイトに反映させていくからです。

ミュージシャンで言うところの、コンセプトアルバムのようなものをサイトで作っているのです。

特定のコンセプトを持ち、サイトを作る。

それが飽きたら、そのサイトはもう完成で終わり・・・そして気が向いた時にまた更新する・・・というような感じです。

そのように、何をするでもなく、頭の中に何かが浮かんでくる時や、「こういう事やりたいなぁ」なんて思ったりする事があります。

そういった考えをバーーーっと書き込んだり、何の形にもならない意味のないモノを書き込んだり、頭の中にあるモノを出しきるような形でとにかく腕が、手が動くがままに書き込む・・・そういった事をしています。

トラベラーズノートはそういったブレインダンプをするのにちょうどいいアイテムだと思っています。

プロッターなどのバインダーのA5サイズに書くのも良いんですけど、プロッターやシステム手帳などはカチっとしたアイテムなので、何か遠慮してしまうんです・・・。

私はトラベラーズノートのレギュラーサイズに何ページにもわたってローラーボールペンで一気に書き込むのが好きなんです。

普通のボールペンなどでも良いかもしれませんが、滑らかに書けるローラーボールペンでインクも乾かぬうちに次のページに進む・・・そのように書き進めています。

トラベラーズノートをそのように使用するのが、本当に良いと思います。

これが私の今のトラベラーズノートとの向き合い方です。

また、その時々の気分で、向き合い方も変わると思います。

ノートなんて、それで良いんです。

私たちは生きています。

生きている以上、常に進化します。

なので、その時々の気分でやりたいようにする・・・それがノートです。

ノートの魅力なのです。

© 2021 トラベラーズノートの使い方や中身まとめ!トラベラーズ日記